French Toast Picnic 2019 無事終了

French Toast Picnic 2019、真夏かと思えるほどの厳しい暑さの中、無事終了することが出来ました。今年はFTP20周年とシトロエン100周年が重なるという奇跡の年な為、去年の「2CV 70周年記念」に続き、スペシャルな企画が盛り沢山でした。

まずは歴代シトロエン(日本で発売された)全車種を集めようと無謀な試みを行いました。残念ながら全車種と行きませんでしたが、それでも多くのシトロエンを揃えること出来ました。参加して下さった方、本当にありがとうございました!
ftp-2019-003.jpgftp-2019-002.jpg

また今回最大の目玉となったのは、プジョーシトロエンジャポンのクリストフ・プレヴォ社長をご招待できた事でした。各方面の関係者にご尽力頂き実現することが出来ました。プレヴォ社長は暑い中トークショーにも参加して頂き、ありがとうございました。こんな片田舎のイベントにご来場して下さり、本当に感謝しております!
ftp2019-O-002.jpg

毎年恒例のFTPラリーでは、去年好評だった三国成田山コースと、今回初登場のチェックポイント「三国道の駅」を設定しました。あわら市郊外~温泉街~三国市街~道の駅とかなり変化に飛んだコース設定でしたが、如何だったでしょうか?今年は例年より高い気温だった事もあり、故障が2台、迷走が3台とスタッフは大慌てでしたが、事故も無く無事終了できてホッとしております。
ftp2019-O-001.jpg

今年はラリー集計において、まさかのMacトラブルが発生し大幅に発表が遅れた事を、この場を借りてお詫び致します。また表彰後、タイム計算方法に一部間違いが発見されましたが、既に表彰終了だった事もあり、今回はこのままの順位で最終順位とさせて頂きます。来年以降はこ今回の件を反省材料として、精度を上げて行きたいと思います。

今年のラリー総合結果はこちら→FTPラリー2019総合結果

会場内では、プレヴォ社長を迎えたトークショーの他に、シトロエン創設者のアンドレ・シトロエンが大いに影響を受けたとされる、1919年製「T型フォード」の試乗会や、シトロエン11CVをタクシーに見立てた試乗会、毎年恒例の自動車博物館のいすゞボンネットバスの遠足など楽しんで頂けたかと思います。
ftp-2019-004.jpg

去年の「2CV 誕生70周年」、今年の「シトロエン100周年」、そして「FTP20周年」と立て続けに大きい記念行事が続きましたが、我々実行委員会以外の色々な方々の協力があってこそ実現出来た事であり、本当に感謝しております。来年以降は普段とおりの「FTP」に戻ると思いますが、また何卒よろしくお願い致します。皆様、ありがとうございました。

FTP実行委員会一同

広告

今年のメイン展示車のご紹介

今年のメインステージを飾る展示車を大公開!

第一弾は・・・
「フライングフェザー」(1955年式)

フライングフェザーは日本の車体メーカーである住江製作所(すみのえせいさくしょ。現・住江工業)が1950年代中期に少数を製造・販売した軽自動車である。
合理性を求め、徹底的に無駄を省いた簡易設計の軽乗用車として設計されたが、設計やデザインが時流に則さず、メーカー側の企業体力の乏しさもあって少量生産に終わった。 当時通産省次官の目にとまり国民車構想の元になり、スバル360等の軽自動車を産む礎となった車である。 -Wikipediaより抜粋-

市販型の生産台数はわずか48台にとどまったという、このクルマが、FTP2016当日にはデモ走行を行う予定です。是非、間近でご覧になって下さい!

French Toast Picnic 2016は、5月22日開催。
フライングフェザーのデモ走行が見れる、「なかなか旧いクルマ達」紹介は13:00からの予定です。

各種応募を開始いたします

#23_DS

ピクニックラリー、ちょっと旧いクルマ達の展示、フリーマーケットの展示応募を開始いたします。

以下のページに用意しました、応募用紙にご記入の上、応募ください。
■応募要項
https://frenchtoastpicnic.wordpress.com/%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E8%A6%81%E9%A0%85%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

例年、多数のご応募をいただき、運営委員会で厳選なる選考にて決定させていただいております。ぜひとも、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

また、グループ駐車場の募集については、追ってご連絡いたします。

FTP2013のポスター!

FTP2013

FTP2013のポスターです!
今村幸治郎先生のイラストが可愛い、おなじみのポスターです。

ピクニックラリーや旧い車たちの展示の募集も開始いたします!

ボンネットバス遠足について

479712_467397329956004_1886394153_n

毎年、子供たちに大人気のボンネットバス遠足。
12時半より順次5回程度運行しております。
遠足コースは、会場をでてあわら市内を回り、戻ってくるコース。

オールウェイズの映画でも使用された、
まだまだ元気なボンネットバス。

毎年、小松にある自動車博物館さんの協力で、
走らせております。

ぜひ、ボンネットバスと巡る、ゆったりとした遠足を
一度お楽しみください。

写生大会

ftp01
フレンチトーストピクニックでは、毎年、
子供たちによる車を描く写生大会を開催しています。

当日は、世界各国の車、しかも大昔ものから現在の車まで、
色も形もいろいろな車が多く集まります。

感受性豊かな子供たちに、
車の文化を身近に感じていただける機会です。

306508_473509592678111_1088018308_n
そして、写生大会の絵を個展開催中の「今村先生」に見てもらい、
入選すると、図書券をお送りしております!

ftp02
実際に走るのを見てみるだけでなく、
スケッチして、車をより楽しんでくださいね!

ピクニックラリーご紹介 番外編

ラリーのコマ図ってどんなものでしょうか?
実際に、ピクニックラリーで使用しているコマ図をちょっとだけご紹介!

フレンチトーストピクニック

ご覧いただくと分かるでしょうか?
スタート時の指示、そして次の指示までの距離、
到達した時の指示というように記載されています。
見方も徐々に慣れてきますが、それでもちょっと間違っちゃう事もあり、
なぜか逆方向から会場に帰ってくる車両も(笑)

フレンチトーストピクニック

そして、このコース、コマ図ともスタッフの手作りなんですよ♪
カーナビやスマートフォンが発達した現代ですが、
だからこそ、このコマ図を元に愛車でラリーで走ることに楽しさを覚えるのかもしれません。

ぜひ、北潟湖やあわら温泉、日本海を駆け抜けてくださいね☆

ピクニックラリーご紹介 その3

メアリ

ピクニックラリーは、温泉街である「あわら温泉」をとおり、
海岸沿いも走る事になります。

また、道中ではちょっとしたミニゲームもご用意。
このミニゲームがちょっとした楽しみにもなり、
改めて、愛車との距離を縮めていただければと思います。

このコース作りには、スタッフが頭を毎年悩ませ、
参加者が毎年楽しめるようにしております。

ぜひ、愛車と楽しい1日を福井の地にてお楽しみください!

■Googleストリートビューを使い日本海を走り抜けてみましょう

ピクニックラリーご紹介 その2

風車と4
今回は、コースについてご紹介。

ピクニックラリーのコースは、会場がある、あわら市周辺を
周遊できるように構成されています。

まずは、メインとなる北潟湖。
森の中にある、メイン会場の金津創作の森を抜け、
大きな湖の周りを走り抜けます。

ここ数年で風力発電の風車もでき、
非常に湖畔が気持ちよいコースとなっております。
思わずアクセルを踏みたくなりますが、
そこは、ちょっと一呼吸して、湖畔の風景に目を向けてみてください。

■Googleストリートビューを使い北潟湖畔を走り抜けてみましょう!